先人の言葉Great Words

先人の言葉一覧

先人の言葉について

雑誌や書籍などで印象に残ったひとことを書いています。

広告
  • 会社が与えられるのはやる気や充実感ではなく,お金と時間(休暇)である 坂口 博信
  • 日常の不満を見つけて解決していく。
  • 摩擦や揉め事を恐れていては何も前に進まない。
  • 不満点を徹底的に潰す。
  • 95%以上の品質でないと生き残れない。
  • 知っていても実行しなければ、知らないことと同じだ。 松下 幸之助
  • 無理だと思った瞬間から何も生まれない。 吉田 忠嗣
  • 利益だけを求めるとファンは減る。 塚越 寛
  • 経営はロマンではない。 塚越 寛
  • 経営者の資質として慎重さが大事。 塚越 寛
  • 研究開発というか、流通業とかサービス業は商品を作るわけじゃないけれども、業態開発とか、そういうのってテーマになるでしょ、そうやって、あらゆる仕事が『開発型』。 塚越 寛
  • 踏襲をしているのは仕事じゃない。 塚越 寛
  • ゆっくり確実に成長する。(急成長しない) 塚越 寛
  • 適性な競争と過当競争は意味がぜんぜんちがうんです。適性な競争は、おおいにやるべきです。ところが価格にまで踏み込むと、過当競争なんですね。 塚越 寛
  • 良いこと・やろうとしたけどできていないこと・早くやめた方が良いこと の仕分けをきちんとする。 松本 晃
  • 50%のシェアでは安心できない 75%取らなければいけない。 松本 晃
  • 理解、納得、行動。 松本 晃
  • 現地、現物、現場力。 岩田 彰一郞
  • お客様に最高の体験を提供すること。 ジェフ ベゾス
  • 自分たちができることを考えて動くのではない。 ジェフ ベゾス
  • 客が何を求めているかを把握し、どうやれば提供出来るかを考える。 ジェフ ベゾス
  • 客が何を求めているかを予想、し気づく前に生み出す。 ジェフ ベゾス
  • 後悔するのは”やらないこと” ジェフ ベゾス
  • 生産者は自分の商品の良さを伝えるスキルを持っていない人が多い。
  • 勝負できる分野は何か徹底的に研究する。
  • 苦言は100倍ある。
  • 知識は問題解決の糸口。
  • 業績悪化の原因を外的要因にしない。内部改革で改善できる。
  • 業績悪化の99%は社長にある。
  • 事業を続ける上での目的は売り上げではなく客との関係を確立させること。
  • できそうなことをやっても意味がない。やったことのないことをやらせて周りが助ける。
  • 新規顧客。来店頻度を上げる努力。
  • 発想は大胆、実行は慎重。
  • 商売は現場でわかる。
  • 価値を上げて値段を上げる。価値を考えて値段を決める。価値を下げて値段を下げるのは意味がない。
  • 改革の成功か否かは業績でわかる。
  • 期待値を超えると値段が高いとは思われない。
  • 何か情報収集した時は自分なりに分析し考える。 宮本 茂
  • アイデアや発明、発見が大切。
  • 何を作るべきか、毎日考え続ける。
  • 会議で発言しても死なない。
  • ありません、知りません、できません、わかりません、をやめる。 長谷川 裕一
  • 成功させることがリーダーとしての責任のとり方。 寺田 和正
  • 他人のやらないことをやる。
  • チャレンジがあるから仕事は面白い。
  • ビジネスはスピードと迫力、対応の早さ。 本多 克弘
  • 分析力・言語力・プレゼン力・数字力・活力・人間力・商売力。
  • 交渉のポイントは、相手のねらいを見極め、交渉の決断までの時間を見極め、相手の力量を見極める事。
  • 良い人間関係を築くには相手を好きになる事、尊敬する事。 孫 正義
  • 脳は、強い願望を持つと活性化される。 孫 正義
  • 会社が存続するための利益を得るには、会社の進む方向性を的確に決め、向かっていく力が必要。
  • 相手の心をいかに掴むか、相手の考え方をいかに吸収するか。
  • 物事は楽観的に、経営は悲観的に。
  • 強みを磨く。
  • 良いことがあるときは「またか」、良くないことは「たまたま」。
  • 希望がないと回復はできない。
  • 要求を満たさないと続かない。
  • お客様の要求を満たすために仕事がある。
  • 人の言うこと聞くだけの人はいらない。
  • やった方がいいことは素直にやる。
  • マニュアルがあると越えることない。
  • マニュアルではやる気は教えられない。
  • 問題発見、仮説、実際の検証、改善案、改革案が出る。
  • 夢ではなく1年先の目標を常に追いかける。
  • 掘り下げたことを意識してやる。
  • 料理を作るではなくおいしい物を作る。
  • 日々の課題を期待以上にやり遂げていく。 原田 泳幸
  • 売れ続ける物とは自分が欲しい物を作る、市場にはあるが高すぎる物を手の届く価格にする。
  • 新規事業には撤退の条件を決めてから望む。
  • 原因自分論 変化価値論 尽くし続けてこそ一番。 高原 慶一朗
  • いくら自分の音楽性やスタイルがあったとしても、売る側の都合によってそんなものは変えさせられてしまうんだから、自分は音楽においてポリシーや信念などは持たないようにしている。 つんく
  • 世界一でなければ日本 一ではない。 本田 宗一郎
  • われわれは勝負師ではない。負けても何が原因で負けたのかを 追求することに意義がある。 本田 宗一郎
  • 金をかせぐよりも時間をかせげ。 本田 宗一郎
  • 仕事上の親切というのは、相手を納得させることに尽きるのではないだろうか。 本田 宗一郎
  • 社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。 本田 宗一郎
  • 信用とは、人に好かれること、約束を守ること、儲けさせることに尽きる。 本田 宗一郎
  • 企業の目的は利潤ではない。利潤は存続の条件だ。 ピーター ドラッカー
  • 時代遅れになる原則はそもそも原則ではありません。 ウォーレン バフェット
  • 自由とは他人の幸福を阻害しないかぎりで自分の幸福を追求する権利。 J.S.ミル
  • 経営者とは、一歩先を照らし、二歩先を語り、三歩先を見つめるものだ。 藤沢 武夫
  • チャレンジしての失敗を恐れるな。何もしないことを恐れろ。 本田 宗一郎
  • 人には失敗する権利がある。だがしかし、それには反省と言う義務が付く。 本田 宗一郎
  • 商売人が、事業をやって儲けないということは、戦争に行って負けたのと一緒です。医者だったら誤診と一緒です。絶対に許されないことです。 松下 幸之助
  • 商売とは札束で相手の横っ面をひっぱたくこと。 石田 退三
  • 日本人は怒られるのが怖くて自分の意見を言うことを恐れている。
  • ミーティングをしっかりと行なう、ワークフローは極力シンプルにする、クオリティを下げず上げるつもりで挑む、準備をしっかりとし、一直線にゴールを目指す。
  • うぬぼれ、おごり、まんねり、甘えに気をつける。
  • 継続は力ではなく、進化こそ力。
  • 仕事とは問題を解決すること、問題とは現状と理想のギャップ。
  • 的確な数値などで指示を出す。 綺麗に、目立つように、などは人の価値観で差があるが、数値は絶対である
  • メール、FAXをで連絡が完了したわけではない。 電話など口頭での確認をとることも重要
  • ビニール傘は失礼にあたる。 ユニクロでもいいので普通の傘の方が印象がいい
  • とりあえず、なるべくはやく、ざっくりとなどの曖昧な表現には気を付ける。 スケジュールが決まっていないので曖昧な期間表現になる
  • 買い物に迷ったときはその会社の株を買いたいかどうかで判断する。 そこまで考えれば確かな決断ができる
  • 下書きは必ず作る。 頭の中よりも書く方が整理され、書き直すのも手早い
  • デザインは中身から作る、メインビジュアルは最後。 中身が有意義であればメインビジュアルがチープでも関係ない
  • 小さな会社の場合は業績は倍で伸ばすことをと考える。 大きな目標を立てて発想のブレイクスルーを
  • 販売価格は高めにして安く意識が低い客を意図的に避ける。 安さだけにつられる客が一番やっかい
  • 部屋を掃除をして心もきれいに。 掃除をすれば心もきれいに
広告
最新のEdge、Internet Explorer、Firefox、Chromeできれいにページを見ることができます。