Photoshopのグリッドを使ったぼけのないシェイプを描く方法

  1. acky.infoホーム
  2. デザインのヒント
  3. Webデザイン
  4. Photoshopのグリッドを使ったぼけのないシェイプを描く方法

Photoshopのグリッドを使ったぼけのないシェイプを描く方法の概要です

Photoshop CS6からは『ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ』と『エッジを整列』の2つのオプションでシェイプの輪郭がぼけてしまうのを防げるようになりました。
Photoshop CS5以下はグリッドにスナップさせてシェイプがぼけないようにしましょう。

広告

Photoshop CS6以降の場合

『ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ』は環境設定で設定します。

『エッジを整列』はツールオプションバーで設定します。

Photoshop CS6以降からは環境設定にある『ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ』または、シェイプのツールオプションバーにある『エッジを整列』をチェックしておくことで、シェイプの輪郭がぼけるのを防ぐことができます。
どちらも標準状態でチェックが入っているので、特に気をつけることはありません。

『ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ』または『エッジを整列』にチェックが入っていると必ずグリッドに沿ってしまうので、完全に自由なシェイプを描きたいときは両方のチェックを外します。

詳しくは「Photoshop CS6からの新しいスナップ機能を使ってぼけのないシェイプを描く方法」に書いていますので、こちらもあわせてお読みください。

Photoshop CS5以前の場合

Photoshop CS5以前まではPhotoshop CS6のようなスナップするオプションがないので自由なシェイプを描くことができます。しかしWebデザインなどにおいては輪郭にぼけが出てシャープさがなくなったりと、あまり使い勝手のいいもでありません。
こうしたぼけをなくすためにグリッドをWebデザインに合わせて調整し、グリッドにシェイプをスナップさせます。

Webデザイン最適なグリッドの設定

グリッドが1ピクセルずつ引かれるように設定します。

グリッドの初期設定は『グリッド線線25mm、分割数4』Web用の設定にはなっていないので『グリッド線線10pixel、分割数10』と変更し、1ピクセルずつグリッド線が引かれるようにします。

アンカーポイントをグリッドにスナップさせる方法

スナップの設定を確認します。

アンカーポイントがグリッドにスナップするのでぼけのないシェイプになります。

初期設定ではグリッドにもスナップするようになっていますが、一応『ビュー>スナップ』にチェックが入っているかと、『ビュー>スナップ先』の設定で『グリッド』にチェックは行っているかを確認します。

どちらにもチェックが入っている状態で『ビュー>グリッド(Ctrl+@)』でグリッドを表示させてからパス選択ツールでアンカーポイントを移動させてグリッドにスナップさせます。 これで全くぼけのないシェイプになりました。

まとめ

Photoshop CS6以降からは『ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ』または『エッジを整列』を使って、Photoshop CS5以前はアンカーポイントをグリッドにスナップさせて、ぼけのないシャープなシェイプを描こう。

Photoshop CS6以降については「Photoshop CS6からの新しいスナップ機能を使ってぼけのないシェイプを描く方法」に詳しく書いていますので、こちらもあわせてお読みください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広告
最新のEdge、Internet Explorer、Firefox、Chromeできれいにページを見ることができます。