Photoshopのチャンネルを使って髪の毛を切り抜く方法

  1. acky.infoホーム
  2. デザインのヒント
  3. Webデザイン
  4. Photoshopのチャンネルを使って髪の毛を切り抜く方法

Photoshopのチャンネルを使って髪の毛を切り抜く方法の概要です

Photoshopで車や建物のような輪郭のはっきりしたものは、パスを使うときれいに切り抜けます。しかし、髪の毛のような形が複雑で輪郭があいまいなものは、パスだけではきれいに切り抜けません。
そこで、チャンネルを使った髪の毛を切り抜く方法を、一番簡単な白バックの写真を使ってご紹介します。

広告

輪郭のはっきりした部分をパスで切り抜く

髪の毛を切り抜く前に、輪郭のはっきりとした顔や体を『ペンツール』を使って切り抜きます。

手順1:画像を複製する
Ctrl+Jを押してレイヤーを複製します。
もとの画像さえ残しておけば、最初の状態にいつでも戻れます。

手順2:パスで囲む
『ペンツール』を使って腕や顔、耳などの輪郭のはっきりとした部分をパスで囲みます。

手順3:選択範囲をつくる
輪郭のはっきりとした部分をパスで囲み終わったら、パスパレットへ移動します。
パスレイヤーのサムネイルの上でCtrlを押しながらクリックして、パスの選択範囲をつくります。

手順4:マスクする
パスパレットからレイヤーパレットへ戻ります。
パレットの下部にある『マスクを追加』をクリックして、選択範囲にマスクをかけます。

輪郭のはっきりとした部分の切り抜きができました。

髪の毛の部分を投げ縄選択ツールで大きく切り取る

切り抜く髪の毛の部分のレイヤーをつくります。

手順5:レイヤーを選ぶ
最初のレイヤーを選びます。

手順6:選択範囲をつくる
『投げ縄選択ツール』を使って髪の毛の部分を大きく囲みます。

手順7:選択範囲を複製する
髪の毛の部分を大きく囲んだ状態のままCtrl+Jを押して、選択範囲だけを複製します。

輪郭のはっきりした部分のレイヤーと、髪の毛の部分のレイヤーができました。

チャンネルから髪の毛の選択範囲をつくる

選択範囲のための白黒画像をつくる

手順8:チャンネルパレットへ移動する
髪の毛を大きく切り取ったレイヤーだけを表示してから、チャンネルパレットへ移動します。

手順9:レイヤーを複製する
チャンネルパレットのRGBの3色に分かれているレイヤーのなかでもっとも色の差のはっきりしているレイヤーを、パレットの下部にある『新規チャンネルを複製』にドラッグして単色のレイヤーを複製します。

手順10:白黒化する
複製した単色のレイヤーに Ctrl+Lを押してレベル補正をし、白黒のはっきりとした画像に調整します。
『白色のサンプリング』で白く飛ばしたいグレーの部分をクリックするなどして、手際よく白黒化しましょう。

細かい調整は後から『選択範囲の調整』や『レベル補正』などで調整できるので、白黒化は少しおおざっぱでも大丈夫です。

白黒画像からマスクをつくる

手順11:選択範囲をつくる
レイヤーのサムネイルをCtrlを押しながらクリックして選択範囲をつくります。

手順12:選択範囲を反転する
選択範囲は『白~グレー』の部分が選ばれるので、Ctrl+Shift+Iを押して選択範囲を反転させます。

手順13:レイヤーパレットへ移動する
レイヤーパレットへ戻ってレイヤーのサムネイルをクリックすると、単色のチャンネル画像からRGB画像に変わります。

手順14:マスクする
レイヤーパレットの下部にある『マスクを追加』をクリックして選択範囲にマスクをかけます。

髪の毛部分の切り抜きができました。

切り抜きの完成

最後に、パスで切り抜いた輪郭のはっきりした部分のレイヤーと、白黒画像で切り抜いた髪の毛のレイヤーを表示すると、切り抜きの完成です。

動画で見る切り抜きの基本

このページでの解説と比べると少しちがうところもありますが、大まかな流れは同じです。
動画で手順をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

髪の毛の切り抜きはすごく手間がかかりそうですが、白背景などの色の差がはっきりしている素材の場合は、チャンネルを使うと簡単に切り抜くことができます。
チャンネルでつくる選択範囲はPhotoshopが作ってくれるので簡単ですが、パスで体を切り抜く方に時間がかかってしまいますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広告
最新のEdge、Internet Explorer、Firefox、Chromeできれいにページを見ることができます。